「サーラプラザ佐鳴台」店長 奥田健さん インタビュー

豊かな暮らしを提案する 新スタイルのコミュニティ空間「サーラプラザ佐鳴台」

鴨江小路西側の入口とつながる佐鳴台オレンジストリート。その通り沿いに「サーラプラザ佐鳴台」がある。『もう一つのリビングルーム』をテーマに、新しいスタイルのコミュニティスペースとして2017(平成29)年4月にオープン。地域で存在感を増している「サーラプラザ佐鳴台」の特徴について店長の奥田健さんにお話を伺った。

食と住まいをテーマにした、4つの施設を連ねる

「サーラプラザ佐鳴台」店長 奥田さん
「サーラプラザ佐鳴台」店長 奥田さん

――「サーラプラザ佐鳴台」がオープンに至った経緯を教えてください。

「サーラプラザ佐鳴台」を主に運営しているのは、豊橋に本社を置く中部ガス株式会社です。当社は今年で創立109年を迎え、エネルギー事業を中心に生活基盤を支える様々な事業を展開するサーラグループの一員として、愛知県三河と静岡県遠州地区で地域の皆様に都市ガスをお届けしています。

「サーラプラザ佐鳴台」入口
「サーラプラザ佐鳴台」入口

各エリアにショールームを展開する当社ですが、浜松市西部エリアのお客様との関係を深めたいという想いから、この「サーラプラザ佐鳴台」をオープンすることになりました。
ですが、実は当施設の敷地面積は500坪に満たない大きさでして、当初はそうした条件の中で従来のようなショールームを建設するのは難しいとされていました。ですがそんな中でも、どうしたらこの地域の皆様に親しみを持っていただけるか、新しくお客様との関係を築いていくためにはどうしたらいいだろうかなど検討した結果、地域の皆様が普段から日常的に使うことができるような施設をつくろうというプランが立ち上がったんです。

様々なイベントが行われる「ウェルカムホール」
様々なイベントが行われる「ウェルカムホール」

――「サーラプラザ佐鳴台」の概要について教えてください。

「サーラプラザ佐鳴台」には4つの施設があります。まずは玄関口である「ウェルカムホール」。こちらはイベントスペースになっておりまして、自社イベントはもちろん、地域の方が利用できる貸しスペースとしてワークショップなども行われています。また総合受付に当社スタッフが常駐し、当社サービスの案内や各種相談も受け付けています。

キッズスペース完備でお子様連れでも安心して楽しめる
キッズスペース完備でお子様連れでも安心して楽しめる

そのほかキッズスペースもあるのでお子様連れでも気軽に利用できます。
また、その隣にある「住まいlabo」では、住まいや暮らしに関する様々な雑誌や書籍を用意しており、メーカーサンプルも閲覧できます。こちらは「大人の図書館」をイメージしており、ゆっくり過ごしてもらえるよう、施設で唯一会員制になっています。

豊富に取りそろえられたとっておきの本の数々
豊富に取りそろえられたとっておきの本の数々

会員登録には300円がかかりますが、年会費や月次会費はかかりません。コンセントやWiFiも無料で利用できます。3つ目の施設は床暖房やキッチン2セットを完備した貸しスペース「食labo」。こちらは料理教室やパーティーなどに利用できます。そして最後はカフェ。こちらのランチもとても人気ですね。

「d terrae(ディーテラス)」でほっと一息
「d terrae(ディーテラス)」でほっと一息

地域とつながりながら「もの」から「こと」へ

――普段はどのようなイベントやワークショップが行われていますか。

まずは「リフォーム相談会」や「床暖房体験会」など自社業務に関するイベントですね。スクラップブッキングやコサージュ、さらには男性向けのフラワーアレンジメント教室など様々なワークショップが行われています。定期イベントとしては生産者が集まり、地域で採れるおいしい野菜や果物、加工品などを販売する「オレンジマルシェ」があります。普段は2ヶ月に1回の第2日曜日に開催しています。「オレンジマルシェ」の情報はブログでも発信しておりますので、是非そちらもご覧いただけたらと思います。

地元の食材がそろう「オレンジマルシェ」
地元の食材がそろう「オレンジマルシェ」

――「サーラプラザ佐鳴台」ならではの魅力を教えてください。

「サーラプラザ佐鳴台」は商材の展示を中心としたこれまでのサーラプラザとはまったく違うタイプの施設です。基本的に商材の展示がないんです。
当施設が大切にしているのは、利用された方がまた来たくなるような快適な空間づくり。そして様々な活用の仕方があり、心地よい時間や楽しい時間、新しい発見など、様々な体験ができる場所です。それこそがこの「サーラプラザ佐鳴台」の魅力なのではと思います。

窓が一面に広がった開放的な空間
窓が一面に広がった開放的な空間

――地域の方との交流などはありますか。

地元の人気店や地域で活躍されている様々な分野の方と連携し、イベントを企画したりもしています。先日も人気カレー店とコラボしたイベントやピラティス講師をお招きし、食と運動を組み合わせたイベントを行いました。ただし、イベントについてはまだまだこれから。こうした地域の方々が交流できるようなイベントももっと増やしていきたいですね。

――今後の展望などを教えてください。

やはり地域のお客様との関係づくり。ここが「サーラプラザ佐鳴台」の基本であり、第一に力を入れて取り組んでいかなければならないことです。そしてその結果、サーラというブランドを多くの人に知っていただけたらと思っています。

古さと新しさが混じり合い、ほどよい便利さが魅力

――鴨江エリアの暮らしやすさや魅力についてお願いします。

浜松街中からほどよく近く、街中以外にもどこへ行くにも便利な場所だと思います。その一方、「鴨江観音」や「根上り松」などもあり、歴史を感じるスポットも。鴨江小路を中に入ると細い路地が入り組んでいるところもあり、街として程よい密度があります。鴨江はレトロさと新しさが混在した面白いエリアだと思います。

セントラルガーデン
セントラルガーデン

サーラプラザ佐鳴台
サーラプラザ佐鳴台

サーラプラザ佐鳴台

店長 奥田健さん
所在地 :静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5
電話番号:0120-376-306
URL:http://salaplazasanarudai.hamazo.tv/
※この情報は2018(平成30)年3月時点のものです。