ジャズと珈琲・紅茶の専門喫茶店

Tournez La Page

Tournez La Page
Tournez La Page

遠州鉄道「第一通り」駅から徒歩5分。「Tournez La Page(トゥルネラパージュ)」は心地よい音楽と美味しいコーヒー、そんな至福の時間を過ごせる喫茶店である。Tournez La Pageとはフランス語の慣用句に当たる言葉で「(記録、本などの)ページをめくる、リフレッシュする、新しい一日」などの意味を持つ。店名には「お客様に美味しい珈琲とアバンギャルドな音楽を”JAZZLICIOUS”な空間で楽しんで頂き、新しい『ページをめくる』場所でありたい」というオーナーの想いが込められている。

ジャケットがまるで絵画のよう
ジャケットがまるで絵画のよう

店内は複数で利用できるテーブル席のほか、一人でゆったりと過ごせる座席が用意されている。足を踏み入れてまず目に飛び込むのはオーディオスピーカーだ。広大な開口部ホーン面積を持つローミッドレンジと、ミッドレンジ、ツイーターの3ホーンで構成したスピーカーTRIOに、ホーン型アクティブサブウーハーBASSHORN 3ペア(6本)を組み合わせた「TRIO+6BASSHORN」システムを備えている。

大きなスクリーンにも注目
大きなスクリーンにも注目

壁にはLPジャケットがディスプレイされており、通常日には、収納されたコレクションの中からリクエストを受け付けている。雨の日には、ジャンルを問わず、持込みのLPやCDを流してもらえる。スピーカーの上部には大きなスクリーンが配置されており、三大喜劇王の一人「バスター・キートン」のサイレント映画が流れている。カフェの雰囲気をより上質にしてくれる演出だ。

こだわりの豆を自家焙煎
こだわりの豆を自家焙煎

提供される珈琲は、ブラジルなどの農園から豆を直輸入し、自家焙煎している。一杯一杯、丁寧に淹れるこだわりの珈琲はカップのほか、ポットでのオーダーも可能なため、少し長めに利用したいときにも重宝する。「ダージリン」「ディンブラー」「ウバ」など、紅茶のラインナップも充実している。各種コーヒーや紅茶はテイクアウトも可能となっており、珈琲豆も購入できるので、自宅でのティータイムにも利用可能だ。

美味しい珈琲で心安らぐひと時を
美味しい珈琲で心安らぐひと時を

1杯の抽出に8時間かける「水出し珈琲」など季節限定のメニューも登場するのは嬉しいポイント。このエリアに暮らし始めたら、足繁くかよう一軒となるに違いない。

Tournez La Page
所在地:静岡県浜松市中区板屋町628 Y3ビル1F
電話番号:053-455-7100
営業時間:13:00~19:30(L.O.19:00) ※金・土曜日13:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:月・火曜日、他不定休あり
http://www.tournezlapage.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ