中区の子育て支援情報も!

浜松市中区高町周辺の子育て環境をレポートします!

浜松市の中心部にあり、浜松市民が最も多く暮らす中区エリア。商業エリアとしてにぎあわいをみせる中心街を抜けると、緑豊かな落ち着いた環境が広がり、子どもが元気に遊べる公園や史跡・文化施設なども多くあります。また中区には大学や小学校、中学校などが集まる浜松きっての文教地区があり、幼稚園も充実。行政からは子育てファミリーにうれしいサポートもあり、良好な環境の中でのびのび子どもを育てられる雰囲気を感じます。そこでどんな施設や取り組みがあるか中区について調べてみました。

「浜松城公園」
「浜松城公園」

中区の面積は浜松市内全体のわずか3%と、7つの行政区では最も狭いエリア。ただし、人口は最も多く市民全体の30%がこのエリアに暮らしています。市の玄関口であるJR「浜松」駅をはじめ、市内各所への移動の起点となるバスターミナル、市内を南北に走り赤電の名で親しまれる遠州鉄道の3つの路線があり、公共交通の利便性も高い地域です。周辺には若き頃の徳川家康が居城したことから出世城の愛称を持つ「浜松城」をはじめ、歴史を感じるスポットが多く点在しています。

徳川家康が17年間在城した出世城「浜松城」

浜松城
浜松城

JR「浜松」駅は浜松市
の玄関口

「JR浜松」駅
「JR浜松」駅


「なんでもやってよう」という「やらまいか」の精神が根付く浜松は、ホンダ、ヤマハ、スズキなど、世界で活躍する企業が多く生まれ、繊維・輸送機器・楽器の三大産業を中心に「ものづくりの街」として成長してきました。現在も中区はものづくりをはじめ、情報サービス業などの都市機能が集中する経済の中心地域として浜松の産業を支えています。浜松のランドマークである「アクトシティ浜松」があるのも中区で、国際ピアノコンクールをはじめ、国際的なイベントや市民コンサートなども数多く行われています。また近くには日本で唯一の公立楽器博物館「浜松市楽器博物館」や「浜松市科学館」など親子で楽しめる文化施設も充実しています。

国際イベントも行われる「アクトシティ」

「アクトシティ」
「アクトシティ」

楽器博物館は世界の楽器1300点を展示

「浜松市楽器博物館」
「浜松市楽器博物館」


都市機能をもちながら、自然を身近に感じられるのが中区の特徴です。「浜松城公園」や「佐鳴湖」、「花川運動公園」など、自然散策や体を動かしながら楽しめる公園もいっぱい。春には桜の名所としてにぎわいます。小中高校では部活動も盛んに行われており、浜松球場や陸上競技場などのスポーツ施設もたくさんあります。

「佐鳴湖公園」
「佐鳴湖公園」

「佐鳴湖」
「佐鳴湖」


「はますくファイル」

「はますくファイル」表紙
「はますくファイル」表紙

子育てしやすい街をめざす浜松市。中区でも子育てに関する浜松市が提供する様々なサービスを受けられます。その一つが「はますくファイル」。こちらは子どもに関する様々な情報をまとめておけるファイルです。母子手帳とともに活用でき、記録を元に保護者や福祉、医療、教育など関係各所が連携し、子どもを理解しながら一緒に成長を見守ることができます。このファイルは浜松市子育て情報サイト「ぴっぴ」(http://www.hamamatsu-pippi.net/docs/2014021902319/)からダウンロードできます。生後4ヶ月までの赤ちゃんがいる家を保健師や助産師が訪問する「こんにちは赤ちゃんケア」もあります。また産後のお母さんの身体のケアや育児指導・育児相談ができる「産後ケア」や出産後の家事や育児をサポートする「はますくヘルパー」など、出産後のお母さんのためのサービスも充実しています。18歳未満の子どもがいる家庭や妊娠中の方は、ショッピングやレジャーで様々なサービスが受けられる静岡県提供の「しずおか子育て優待カード」なども活用できます。


浜松市では毎月第3日曜日から始める1週間を「はままつ子どもふれあい週間」と定めて家庭や地域で子どもとのふれあいやコミュニケーションを深める活動を実施しています。また養育支援が必要な家庭にはショートステイやトワイライトステイも活用できます。子育て支援の施設も充実しており、中区には児童館2ヶ所、こども園や保育園が提供する親子ひろばが27ヶ所、就園前(3歳前未満)の子どもと保護者が集まることができる広場が6ヶ所あります。

「北星児童館」は
18歳未満まで

「北星児童館」
「北星児童館」

親子のための地域コミュニティ「ここみ広場」

「ここみ広場」
「ここみ広場」


幼稚園や保育園も充実。例えば鴨江寺隣の「鴨江幼稚園」では自立を育てるモンテッソーリ教育を取り入れ、夏は裸足になるなど1年中薄着生活を送るのが特徴。体を鍛えながら元気いっぱいに過ごします。中心部近くにある「青葉幼稚園」は1930(昭和5)年に創立し、地元で80年以上続く幼稚園。ここでは子どもにとって大切な「遊び」を中心に、心と体をのびやかに育てる保育を行っています。その他、広い園庭があり、子どもたちが自然の中で四季を感じながらのびのび過ごせる「蜆塚幼稚園」など、各園の特徴もそれぞれです。

「鴨江幼稚園」

「鴨江幼稚園」
「鴨江幼稚園」

「青葉幼稚園」

「青葉幼稚園」
「青葉幼稚園」


中区には学校が集まる文教エリアもあります。それが広沢や蜆塚周辺の地域です。閑静な住宅街の中にある「浜松市立広沢小学校」は1935(昭和10)年創立の80年以上の歴史がある公立学校。教育熱心で知られており、保護者からの評判も高いです。「蜆塚中学校」は広沢小学校の通学区域でこちらも地元で評判が高い学校。2014(平成25)年にノーベル物理学賞を受賞した天野浩氏を輩出した学校としても有名です。

長い歴史がある「浜松市立広沢小学校」

「浜松市立広沢小学校」
「浜松市立広沢小学校」

新しくなった(北校舎)「蜆塚中学校」

「蜆塚中学校」
「蜆塚中学校」


緑豊かな公園は中心部周辺にも点在しています。「蜆塚公園」は国指定史跡蜆塚遺跡を中心とする公園で緑いっぱいの環境。蜆塚遺跡は縄文時代の後・晩期のムラの跡。芝生の中に復元家屋が並ぶ様子はまるでその時代にタイムスリップしたかのよう。「浜松城」周辺一体を自然で囲う「浜松城公園」も人気のスポット。広々とした敷地には日本庭園や本格茶室などもあり、中央芝生広場や9つの木製遊具がある冒険広場、児童プールなど子どもがのびのび遊べる場所がいっぱいあります。「五社神社」のそばにある「五社公園」は小さな公園でのんびり過ごせる場所です。春は桜も楽しめます。

歴史感じる
「蜆塚公園」

「蜆塚公園」
「蜆塚公園」

のんびり遊べる
「五社公園」

「五社公園」
「五社公園」


「鴨江アートセンター」

「鴨江アートセンター」
「鴨江アートセンター」

様々な文化施設もあります。鴨江町にある「鴨江アートセンター」は浜松の芸術発信の拠点として2013(平成25)年に設置された施設。展示イベントのほか、子ども向けのワークショップも頻繁に開かれています。アートセンターの向かいにある「木下惠介記念館」は浜松出身の映画監督木下惠介氏の書斎を再現し、様々な展示も行われています。五社神社の近くにある「浜松復興記念館」は第二次世界対戦で激しい空襲を受けた浜松が戦後いち早く着手した「復興施設土地区画整理事業」の完成を記念して建てられたものです。


また、習い事施設も充実しています。JR「浜松」駅を中心に、「Y-SAPIX 浜松校」などの大手学習塾から地元密着の教室まで多種多様。さらに、「ザザシティ」や「遠鉄百貨店」内にも幼児から通える習い事もあり、ママのショッピングとの相性もよさそうです。そのほか、「ヤマハ音楽教室 かじまちセンター」といった音楽教室や、英会話教室、ダンス教室などもあり、子ども一人一人に合った教室が見つかるはずです。

「ザザキッズクラブ」と「浜松こども館」が入っている「ザザシティ浜松」
「ザザキッズクラブ」と「浜松こども館」が入っている「ザザシティ浜松」

ヤマハ音楽教室
ヤマハ音楽教室


都市部でありながら自然も多い中区は、浜松の核となる地域。学校、幼稚園、保育園が充実し、子育てのサポートもいろいろ受けられ、子育てのしやすい街だと感じました。元気いっぱいに遊べる公園、豊かな心を育む歴史を感じる文化施設など、親子で楽しめる場所もいっぱいあります。


発見ポイント!

静岡県浜松市中区レポート
静岡県浜松市中区レポート

  • (1)利便性が高く緑豊かな落ち着いた環境!
  • (2)市による子育て支援のサービスが充実!
  • (3)文教地区があり、教育環境も評判が高い!