懐かしさと新しさが混ざり合ったパラダイス

静岡ゴールデン横丁

外観
外観

2017(平成29)年3月にオープンした「静岡ゴールデン横丁」。JR「静岡」駅の東海道本線高架下を活用した飲食店街で、ひと昔前にタイムスリップしたかのようなエンターテインメント性のあるつくりが、訪れた人の気分を高めてくれる。

横丁内の様子
横丁内の様子

コンセプトは、昭和を残しつつ新しい時代に突入した「平成元年」。“ナウでハッスルなパラダイス”を合言葉に、バブル期の活気を感じられる街並みを再現している。店舗以外にもイベントスペースには派出所があったり、面白いポスターが貼られていたりと、施設内をぐるっと回るだけでも古臭さと懐かしさが入り混じった雰囲気を楽しめる。

横丁内の様子
横丁内の様子

軒を連ねるのは、オリジナリティー溢れる7店舗。魚屋直営で新鮮な海鮮が提供される「三代目魚寅」、鉄板お好み焼きの「鉄板28号」、焼き鳥専門店「やきとり元気」、ドイツ風レストラン「ハンプルク」、美味しいお肉の専門店「静岡ホルモンセンター」 、餃子・から揚げ・ラーメンの「餃子のハシモト」、究極の串カツ「串カツ拳 伝承店」と、どの店でもお酒が進みそうだ。

町会長のゴールデン石原さん
町会長のゴールデン石原さん

バブル期を知る人には懐かしく、若者にとっては新鮮に映る「静岡ゴールデン横丁」。バラエティー豊かなお店のラインアップで、夕方5時から翌5時まで営業しているため、施設内でのハシゴ酒も楽しめる。幅広い世代から支持される、使い勝手の良いスポットだ。

静岡ゴールデン横丁
所在地:静岡県静岡市葵区黒金町28-1 
電話番号:店舗により異なる
営業時間:17:00〜翌5:00
定休日:なし
http://shizuoka-golden.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ