地名発祥の地に建つ静岡市の氏神様

静岡浅間神社

静岡浅間神社
静岡浅間神社

「静岡」の地名は、古代から神聖な山として崇められてきた「賎機山(しずはたやま)」を発祥とするとされる。「静岡浅間神社」は、崇仁天皇の治世にあたる2,000年以上も前に、この山の麓に創建された、旧・駿河国最古の神社。山にある神部(かんべ)神社と浅間神社、大歳御祖(おおとしみおや)神社の3社を総称して「静岡浅間神社」と呼ぶ。歴代の武将らに篤く信仰された三大社は、江戸時代に施された極彩色の社殿が美しく、20棟以上が国の重要文化財に指定されている。中でも楼閣造りの大拝殿は大きく、出雲大社の本殿より大きいとされる。

静岡浅間神社
所在地:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
電話番号:054-245-1820(代)
http://www.shizuokasengen.net/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ