快適&気ままを叶える、働く2人の時間を謳歌する平日ライフ

image photo

駿河区稲川エリアの大きな魅力のひとつは都市ならではの交通利便性。新幹線の停車駅でもある「静岡」駅まで徒歩圏内の立地は大きな魅力のひとつ。今回は駅近の立地を存分に活用して充実の毎日を送る、ある共働き夫婦のワンシーンをご紹介します。

時計

7:30

起床・夫が出張へ

「静岡」駅

今日はいつもより少し早めの起床。トーストとコーヒーで簡単に朝食を済ませて夫が東京へ日帰り出張へ。新幹線の通る「静岡」駅まで徒歩圏内の好立地で、出張や旅行の際も重宝している。

時計

8:00

夫を見送って朝食に

image photo

「静岡」駅前にオフィスのある私は徒歩通勤。朝の時間にも余裕ができたおかげで夫婦で朝食をとって、のんびり過ごすこともできるようになった。駅まではフラットアクセスなので通勤もスムーズ。

時計

17:00

駅前でぶらりショッピング

MODI 静岡モディ

今日は出張帰りの夫と待ち合わせてディナーの約束。仕事が終わり、約束の時間まで駅前をぶらり。「静岡モディ」や「PARCO」など日常の買い物だけでなく、ファッションアイテムがそろうお買い物施設も充実!

時計

18:30

「パルシェ」で明日の食材を購入

ベルベット

駅前の「パルシェ」へ。「成城石井」で明日の食材とこだわり食材を買っておく。レストランフロアは夜10時まで営業しているので、帰りに夫と寄ることも多い。夏には屋上のビアガーデンで友人と静岡の夜景を見ながらお酒を楽しむことも。

時計

19:00

夫と待ち合わせてディナー

image photo

夫と合流して自宅近くの「restaurant La Ma cherie(ラ マシェリ)」へ。2017(平成29)年10月に近くに移転してきたばかりの話題のお店。おしゃれな雰囲気の店内で美味しいワインとこだわりの新鮮食材を使用したフレンチをいただく。

時計

22:00

ホテルの「バー&ラウンジ エマイユ」でもう1杯

image photo

ディナーのあとは、駅前の「センチュリー静岡」へ。ホテル最上階にある「バー&ラウンジ エマイユ」でお酒を楽しむ。静岡の夜景を眺めながらゆっくりと極上のひとときを過ごす。

<一言>

夫は仕事柄、出張が多いので駅近の立地は良いこと尽くし。駅前には日用品だけでなく、ファッションアイテムもそろう大型ショッピング施設もまとまっているので、多彩な買い物ニーズを満たすことができます。また、この近くにはグルメの名店や隠れ家的お店もあり、夫との外食は週末の楽しみのひとつになっています。

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。