静岡市の2大都心、静岡市清水区の玄関口「清水」駅周辺に暮らす

JR東海道線の「清水」駅は静岡県清水市の玄関口として機能し、ショッピング施設や公共施設が充実。駅周辺は利便性の高い暮らしの場としても人気を集めている。

港町、宿場町として発展

静岡市清水区は日本平の東麓に広がるエリアだ。かつては清水市であり、2003(平成15)年に静岡市と合併、旧清水市は清水区の一部になった。さくらももこの人気漫画「ちびまる子ちゃん」の舞台として、プロサッカーチームの「清水エスパルス」ゆかりの地として、全国的に知名度が高い。

清水は古くから港町として栄えた街で、今の「清水」駅西側には東海道の「江尻宿」が設けられ、宿場町清水港としても発展している。1889(明治22)年に官設鉄道(現・JR東海道線)の「清水」駅が誕生すると、駅周辺には商店街が形成されるなど、旧清水市の中心地に成長した。

JR東海道線のほか静鉄線も利用可能

清水駅
清水駅

「清水」駅周辺は交通アクセスの利便性も高い。「清水」駅からJR東海道線に乗れば「静岡」駅まで3駅11分と短時間で到着。「静岡」駅からの東海道新幹線利用も便利だ。

「清水」駅の南には静鉄線の「新清水」駅もある。静鉄線の「新静岡」駅は、JR「静岡」駅よりも「静岡県庁」や「静岡市役所」に近く、目的地によってはこちらを使うとよいだろう。

スーパーマーケットやドラッグストアが身近に

しずてつストア 入江店
しずてつストア 入江店

「清水」駅周辺には多彩なショッピング施設が集まり、買い物もしやすい。スーパーマーケットは「しずてつストア 入江店」や「マックスバリュ 清水八坂店」など複数があり、気分や品ぞろえによって使い分けることができる。「清水」駅前に広がる商店街「清水駅前銀座商店街」も便利だ。

清水魚市場 河岸の市
清水魚市場 河岸の市

少し足を延ばせば、「エスパルスドリームプラザ」や「エスポット 清水天王店」などの複合ショッピング施設での買い物も楽しめる。「清水」駅の東口近くの「清水魚市場 河岸の市」で、水揚げされたばかりの新鮮な魚を購入できることもこのエリアならではの魅力だろう。

多彩な体験を楽しめる「静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」

さくら幼稚園
さくら幼稚園

「清水」駅周辺は子育て環境にも恵まれている。エリア近隣には「江尻幼稚園」や「さくら幼稚園」、「辻こども園」、「えじり保育園」など幼稚園・保育施設が多数揃う。「清水テルサ」内には、生後2か月から就学前までの子どもを預かってくれる「清水中央子育て支援センター」もあり、安心して子育てを楽しめそうだ。

静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る

「清水」駅前の「えじりあ」内にある「静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」には、様々な仕事を体験できる「こどもバザール」やパズルやお絵かきができる「わくわくアトリエ」、料理を作れる「クッキングスタジオ」など多彩な施設があり、遊びながら社会の仕組みを学べる場として注目されている。

さらに魅力ある街を目指して進化中

エスパルスドリームプラザ
エスパルスドリームプラザ

「清水」駅周辺は静岡市の中心市街地の活性化を推進する「静岡市中心市街地活性化基本計画」のエリアに含まれており、三保松原や「エスパルスドリームプラザ」などの観光スポットを中心に、観光産業の促進や活動にあたる人材育成、交通アクセスの利便性向上などを進めることになっている。

活性化に向けた開発も進行中
活性化に向けた開発も進行中

また、「清水」駅西口にあったスーパーマーケット「西友 清水店」の跡地では、「(仮称)清水区本郷町大規模小売店舗跡整備事業」が計画されており、ショッピング施設やホテル、マンションなどからなる複合ビルの整備が予定されている。

交通アクセスの利便性や買い物環境に恵まれた「清水」駅周辺は、これらの計画の進捗により、ますます魅力あるスポットに進化しそうだ。