長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!

富士の裾野に位置し、東海道新幹線が停車するJR「三島」駅や東名「沼津」IC、新東名「長泉沼津」ICが近く、交通アクセスが良い長泉町エリア。子育てしやすい街として知られていて、妊婦健診や中学生までの医療費が無料など、子育てに関する行政サービスが充実しています。利便性と相まって、ここ10年ほど人口が右肩上がりです。「東レ三島工場」や「Z会」などの企業が多く財政が豊かで、「長泉町文化センター ベルフォーレ」や「長泉町健康づくりセンター(ウェルピアながいずみ)」など公共施設も充実しています。また、美術館や豊かな自然が生かされた公園が多い長泉町の、休日を過ごすのにぴったりなスポットを訪ねてみました。

まずは、『シャリエ長泉グランマークス』の周辺を散歩してみましょう。北東に向かって歩くこと5分。県道87号線沿いに2013(平成25)年に竣工したばかりの健康公園・多目的屋内健康施設「長泉町健康づくりセンター(ウェルピアながいずみ)」にやってきました。施設内には、アリーナ、サブスペース、運動スタジオ、多目的室、調理室、温水プール、マシーンルームなどがあり、町営とは思えないほど設備が充実しています。健康公園には、夏場は水遊びができるニコニコ広場やフットサルができるミニ運動場など、そして、2010(平成22)年に完成した「長泉中央グラウンド」もあります。「長泉中央グラウンド」はサッカーコート1面がとれる広さで、周囲には1周約460mのウォーキングコースがあります。これだけ整った施設が近くにあると、運動を始めない訳にはいきませんね!

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「長泉町健康づくりセンター(ウェルピアながいずみ)」

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「ミニ運動場」


また、池田柊線の北側・旧温水プール跡地も現在工事中です。子育て関連施設と商業店舗を併設する複合施設「フレスポ長泉」を建設中で、長泉町が施設の一部を借り、子育て支援センターや児童館の機能を設ける予定とのこと。発展し続けている長泉町の中でも『シャリエ長泉グランマークス』付近は、特に公共サービスを利用しやすいエリアとなっています。

※「フレスポ長泉」は2017(平成29)年4月に開業いたしました。


『シャリエ長泉グランマークス』の敷地の北側では、2016(平成28)年に「都市計画道路池田柊線」の整備が終了。道幅が広く、歩道も歩行者と自転車が分けられているので安心ですね。この池田柊線沿線には、近年「ノジマ 長泉店」や「マックスバリュ 長泉中土狩店」など、多くの商業施設ができました。2018(平成30)年までには全線が完成予定で、「三島」駅北口や東名自動車道、東駿河湾環状線へのアクセス道路となり、より利便性が増すこと間違いありません!

2016(平成28)年
整備完了
長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「都市計画道路池田柊線」

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「都市計画道路池田柊線」


長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「長泉町文化センター ベルフォーレ」

次は県道87号線から「長泉町役場」前の交差点に入り、さらに南下してみましょう。徒歩10分ほどで「長泉町文化センター ベルフォーレ」に到着です。こちらは、800人収容のホールを持ち、コンサートや演劇、講演会など多くのイベントを開催する施設です。そのほか、貸し出し可能な会議室や茶室などがあり、長泉周辺に住んだら一度は必ず訪れる場所ではないでしょうか。


そして、さらに南下し、『シャリエ長泉グランマークス』から徒歩20分ほど。JR御殿場線「下土狩」駅東側にある「鮎壺の滝」がある「鮎壺公園」へ。沼津市との境界・黄瀬川にある高さ約9m、幅約65mの滝です。街中にこんな大きな滝があるなんて驚きです!ここは「伊豆半島ジオパークジオサイト」のひとつで、富士溶岩流の断崖に形成されています。1996(平成8)年には静岡県から天然記念物として指定を受けました。下流にはつり橋の「鮎壺のかけ橋」があり、そこから眺めも爽快です。

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「鮎壺公園」

すごい迫力!長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「鮎壺の滝」


市街地を抜けて北西に向かうと「駿河平自然公園」があります。桜がとてもきれいに咲き誇る場所として有名なので、春にぜひ訪れてみてください。春だけでなく、夏には青々とした緑、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季を感じられる公園です。長さ130mの吊り橋や自然湧水が流れる小川の遊歩道、展望広場が整備され、体を動かして自然と触れ合うことができます。

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「駿河平自然公園」の吊り橋

深緑でリフレッシュ長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「駿河平自然公園」


「駿河平自然公園」のとなりには、フランスの巨匠ベルナール・ビュフェの世界最大のコレクションを誇る「ベルナール・ビュフェ美術館」があります。森林の中に佇む建物で、歩いているだけで癒されます。隣に井上靖が幼少期を伊豆で過ごしたことから設立された「井上靖文学館」もあり、文学好きの聖地となっています。

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「ベルナール・ビュフェ美術館」

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!「ベルナール・ビュフェ美術館」


このように、町内は役場や施設がコンパクトにまとまっており、大きな買い物は車で「御殿場プレミアムアウトレット」や新幹線で東京などに簡単にアクセスすることもできます。また、利便性だけでなく、自然環境も豊かで、家族で楽しく暮らせる街であることがわかりました。


「長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!」 発見ポイント!

長泉町の街並み、おすすめスポットを紹介します!長泉町にある「世界一小さい公園」

  • (1)公共施設が充実している!
  • (2)整備が進んでさらに住みやすい街に!
  • (3)自然も豊かで、家族で安心して住める街!
シャリエ長泉グランマークス