JR「草薙」駅周辺整備でさらに暮らしやすくなる静岡市清水区草薙エリア

静岡市清水区草薙は清水区の西部、JR「草薙」駅と静鉄静岡清水線「草薙」駅を中心に拡がる。「草薙神社」は三種の神器の一つして知られる「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」が奉られていたという神社で、長い歴史が醸し出す風格が感じられるエリアだ。

JR「草薙」駅周辺整備でさらに進化

近年の草薙周辺は成熟した住宅地として進化を遂げてきた。静岡市ではJR「草薙」駅と静鉄静岡清水線「草薙」駅周辺を「静岡」駅周辺と「清水」駅周辺というふたつの都心の機能を補う地域拠点として位置付け、都市インフラ整備を進めている。JR「草薙」駅は橋上駅になり、自由通路も完成予した。JR「草薙」駅の北口の駅前広場とアクセス道路、駐輪場整備、南口の駅前広場の改修工事も2018(平成30)年度に完成する予定で、今後はさらに快適な駅になりそうだ。

「常葉大学」のキャンパスができる「ポーラ化成工業静岡工場」跡地
「常葉大学」のキャンパスができる「ポーラ化成工業静岡工場」跡地

草薙周辺は「静岡サレジオ」や「静岡県立大学 谷田キャンパス」などの教育施設が集まっていることから、静岡市の第3次総合計画でも高等教育機関などが集まる文教エリアとされている。今後も「草薙」駅北側にあった「ポーラ化成工業静岡工場」の跡地に「常葉大学」の新キャンパスが建設されることになっており、学問の街としての機能もますます高まることだろう。

静岡市中心部にJR東海道線と静鉄静岡清水線の2路線利用可能

JR「草薙」駅からは東海道線を利用できる
JR「草薙」駅からは東海道線を利用できる

草薙を住まいの場として考えると交通アクセスの利便性は大きな魅力になる。JR「草薙」駅から東海道線に乗れば「静岡」駅まで2駅6分で到着。「静岡」駅周辺のショッピング施設やオフィスへの行き来に加え、JR東海道新幹線への乗り換えも便利だ。

静鉄静岡清水線「草薙」駅からの静鉄静岡清水線は「新静岡」駅方面に便利
静鉄静岡清水線「草薙」駅からの静鉄静岡清水線は「新静岡」駅方面に便利

また、静鉄静岡清水線「草薙」駅から利用できる静鉄静岡清水線は「新静岡」駅まで12分。平日朝の通勤時間帯に運行されている急行なら9分で着く。「新静岡」駅は「静岡県庁」や「静岡市役所」に近く、目的地によっては静鉄静岡清水線を利用するとよい。

夜遅くまで営業しているスーパーマーケットがエリア内に

夜22時45分まで営業している「しずてつストア 草薙店」
夜22時45分まで営業している「しずてつストア 草薙店」

暮らしに欠かせないショッピング施設にも恵まれている。JR「草薙」駅から静鉄静岡清水線「草薙」駅前を通る道沿いは「草薙商店街」になっており、多彩な店が並ぶ。スーパーマーケットの「しずてつストア 草薙店」はJR「草薙」駅、静鉄静岡清水線「草薙」駅どちらからも近く、電車を降りたらすぐに買い物ができる。夜は22時まで営業しており、帰宅が遅くなっても安心だ。

「フレスポ静岡」など大型ショッピング施設も多い
「フレスポ静岡」など大型ショッピング施設も多い

少し足を延ばせば、「イオン 清水店」や「フレスポ静岡」、「MARK IS 静岡」など大型ショッピング施設が充実しているほか、「静岡」駅や「新静岡」駅周辺には「松坂屋 静岡店」や「丸井 静岡店」、「静岡PARCO」、「SHIZUOKA109」などのショッピング施設が集まっており、日常圏内としてショッピングも楽しむことができるのもうれしい。

休日には緑に親しみ、スポーツを満喫

野球場などがある「静岡県草薙総合運動場」
野球場などがある「静岡県草薙総合運動場」

草薙周辺は休日の楽しみも多い。エリア西側に広がる「草薙総合運動場」には野球場、陸上競技場、水泳場など多くのスポーツ施設が整備され、気軽にスポーツを楽しむことができるほか、プロ野球の試合が開催されることもある。

緑に親しめる場所も多い。「静岡県立大学」の芝生園地は自由に利用することができ、地域の人々の憩いの場として親しまれている。エリアの南西、有度山の山頂付近の「日本平」は駿河湾越しに富士山を眺望できる絶景スポットで、夜景も美しい。

「静岡県立美術館」へ続く並木道(秋)
「静岡県立美術館」へ続く並木道(秋)

「静岡県立美術館」
「静岡県立美術館」

「県立美術館前」駅から「静岡県立美術館」への道沿いも美しい並木道が続く。この道周辺にはおしゃれなカフェやパンの店もあり、散策がてら出かけるのも楽しいひと時になるだろう。

静岡市中心部に近く、休日の楽しみも多い静岡市清水区草薙。ここは穏やかで快適な毎日が実現できる街だ。

あわせて読みたい。関連ページ