子どもも大人も大満足の動物園

静岡市立日本平動物園

有度山の麓にある自然に囲まれた「静岡市立日本平動物園」。1969年(昭和44)年開園の50年近い歴史を持つ市営動物園である。2007(平成19)年~2013(平成25)年には再整備で施設をリニューアル。約13ヘクタールの敷地には新施設がオープンし、約170種800点の動物を飼育。同園の魅力は、なんといっても動物たちの生き生きした姿を間近で見られることだ。

屋内からペンギンが泳ぐ姿が観察できる
屋内からペンギンが泳ぐ姿が観察できる

人気施設の「猛獣館299(にっ・きゅっ・きゅう~)」はホッキョクグマ、ゴマアザラシ、ライオン、アムールトラ、ピューマ、ジャガーなど全8種類の肉食獣を観察できる。こちらでは擬岩や擬木を使って生態環境をリアルに再現。ホッキョクグマが水中トンネルの上をダイナミックに泳ぐ姿を見られたり、ガラス越しにすぐそばに猛獣たちが近づいてきたりと、鋭い視線や息づかい、臭いまで動物たちの迫力を体感できる。

とにかくかわいいレッサーパンダ
とにかくかわいいレッサーパンダ

エントランスゲートすぐにある「レッサーパンダ館」では、現在7頭を飼育。こちらは屋内外に展示場があり、愛くるしいレッサーパンダの姿を存分に堪能できる。同園はレッサーパンダの国内血統登録を担当。約10年前、立つレッサーパンダとして知られた「風太くん」が生まれた動物園としても知られている。

ホッキョクグマともビックリするくらいの近さ
ホッキョクグマともビックリするくらいの近さ

「レッサーパンダ」の隣にある「ペンギン館」も人気。こちらも屋内と屋外から見ることができ、ペンギンの動と静の姿を観察できる。中でもおすすめなのがプール内を見上げることができる屋内のガラス天井。水中をスイスイと泳ぐペンギンの姿は、まるで空を飛んでいるようだ。

日本平動物園は発見も楽しさもいっぱい
日本平動物園は発見も楽しさもいっぱい

そのほかにもウサギ、ヒヨコなどの小動物と触れ合え、乗馬も楽しめる「ふれあい動物園」をはじめ、魅力的な施設がまだまだあり、イベントもたくさん。また全長390メートルの日本一長いローラースライダーのある遊園地も併設しており、動物を見終わった後まで楽しめる。子どもはもちろん、大人まで家族みんなで楽しめるおでかけスポットだ。

静岡市立日本平動物園
所在地:静岡県静岡市駿河区池田1767-6 
電話番号:054-262-3251
開園時間:9:00~16:30(入園は16:00まで)
休園日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月1日)
http://www.nhdzoo.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ