夜桜も美しい小潤井川沿いの桜並木

小潤井川の桜並木

小潤井川の桜並木
小潤井川の桜並木
静岡県富士宮市及び富士市を流れる一級河川「潤井川」を源流とし、富士市のほぼ中央、富士市錦町「青葉通り」から南へ向かって国道139号線まで約350メートルを流れる「小潤井川」は桜の名所として知られている。川の両岸に植えられた約150本のソメイヨシノは3月下旬~4月上旬までの間に見頃を迎え、毎年多くの花見客で賑わっている。川に垂れ下がるように咲き誇る満開の桜に加え、世界遺産「富士山」の絶景を望むこともできるのは静岡県ならではと言える。

夜の小潤井川
夜の小潤井川

夜間にはライトアップが行われるため、夜桜を楽しむこともできる。提灯の幻想的なほのかな明かりに照らされた桜は昼間とはまた違った顔を見せてくれる。約350メートルの桜並木を家族や友人と一緒にコミュニケーションを取りながらのんびり散歩すれば日常の疲れを癒し、リフレッシュできるだろう。

周辺住民によって美しい景観が保たれている
周辺住民によって美しい景観が保たれている

また、毎年4月上旬には吉原地区の住民が、大切に育ててきた桜並木の川辺に集い、身近な自然に触れあい、次代を担う子どもたちとともに連携を深め、安全・安心な住みよいまちづくりを推進することを目的とした「吉原地区さくら祭」が開催される。祭りの前には実行委員や町内からの応援要員、吉原第一中学校の生徒が小潤井川の両岸・河床のゴミの撤去をする「事前清掃」が行われる。

「吉原地区さくら祭」では多くの人で賑わう
「吉原地区さくら祭」では多くの人で賑わう

「吉原地区さくら祭」は小潤井川沿いにある「緑町公園」で行われ、吉原宿名物「ねぎぞうすい」や吉原発祥ご当地グルメ「つけナポリタン」といった模擬店から、太鼓演奏や吹奏楽演奏といったステージイベントが行われる。家族揃ってお弁当持参でお花見するもよし、お祭りでグルメを楽しみながらお花見するもよし、年に1度しか見られない特別な景色を心行くまで堪能できるのはこのエリアに住む人の特権だ。

小潤井川の桜並木
所在地:静岡県富士市錦町1-6 ほか 
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijik..

詳細地図