新感覚のシュワとろ半熟パンケーキ

La Pullman Caffe’(ラ プルマン カフェ)

オレンジ色の看板が目印
オレンジ色の看板が目印

遠州鉄道「第一通り」駅近く。板屋町交差点を西へ進む国道152号線沿いにあるパンケーキが美味しいと評判のカフェ。表通りからは見えにくいビルの奥まった1階に店があり、隠れ家のような雰囲気がある。休日には東京や大阪など遠方からも評判を聞きつけて多くの客が訪れるという。

落ち着いた雰囲気のくつろげる店内
落ち着いた雰囲気のくつろげる店内

店内は茶系を基調としたクラシカルな香りが漂う落ち着いた空間。カウンター席5席とテーブル席12席。カウンターの中に鉄板があり、ここで店主の佐藤隆彦さんがパンケーキを焼いていく。その様子を目の前で見られるのも「ラ プルマン カフェ」の楽しみのひとつだ。

ふわふわ触感の「スタンダードパンケーキ」
ふわふわ触感の「スタンダードパンケーキ」

オープンは2013(平成25)年4月。当初はほかのフードメニューも提供していたが、現在はパンケーキのみ提供。スタンダードなタイプからフルーツをたっぷりのせた季節のパンケーキまで、常時6種類から8種類のメニューを用意する。もちろん注文を受けてから1枚ずつ丁寧に佐藤さんが焼きあげていく。皿の上でぷるっぷるっと揺れながら運ばれてくる焼きたてのパンケーキは、口へ運ぶとシュワシュワーととろけながら消えていき、この食感がたまらない。その生地の柔らかさに、こちらではフォークとスープンを使ってパンケーキをいただく。

フルーツにもこだわった「ベリーベリーパンケーキ」
フルーツにもこだわった「ベリーベリーパンケーキ」

ぷるぷるのパンケーキは佐藤さんが研究に研究を重ねて作りあげたオリジナル。また、パンケーキにのせるフルーツにもこだわり、農家と相談しながら取り寄せるという。ついつい写真を撮りたくなるかわいらしい盛り付けも女子心に火をつける。パンケーキはオーダーしてから焼きあがりまでおおよそ20分。口溶けのよい軽やかな食感とほどよい甘さで、2皿は余裕でペロッといけてしまうほどだ。

コーヒーも本格派で定評がある
コーヒーも本格派で定評がある

ドリンクメニューも充実。佐藤さんはバリスタのライセンスを持っており、本格的なエスプレッソも味わえる。こちらは朝8時から営業しており、出勤前に立ち寄れる朝カフェとしての利用も可能。居心地の良い空間とおいしいパンケーキでとことん気分を満たす「ラ プルマン カフェ」で過ごすひとときは、日常に彩りを添える時間になるに違いない。

La Pullman Caffe’(ラ プルマン カフェ)
所在地:静岡県浜松市中区板屋町101-4 地研ビル板屋町 1F南
電話番号:053-456-5068
営業時間:8:00~20:00(土・日・祝日は17:00まで) ※L.O.閉店1時間前。ただし売り切れ次第終了
定休日:月曜日 ※月に1~2回の連休あり
http://lapullmancaffe.hamazo.tv/

詳細地図